ちかばのモノ語り ベーグルのこと

beguru

ちかばのモノ語り
第一話 ベーグルのこと


ベーグルに興味はなかった。
最初の出会いが悪かった。某有名全国展開チェーン店があるとき「ベーグル」なるものを売り出した。聞いたことも、見たこともないものだった。日本初登場だったように思う。その時こちらはまだ三十台。好奇心の旺盛な頃で、情報を仕入れて食べに行った。
よろしくなかった。実によろしくなかったのだ。
まるでゴムを噛んでいるような食感で、妙に酸っぱかった。
真横に切って、その間にハムや野菜を挟んでサンドイッチのように食するのだと注釈があったようだが、
何を挟もうがベースがこれではたかが知れていると、以降お付き合いをすることはなかった。
そのベーグルとフルールで久しぶりに再会した。
パン職人であるオーナーと雑談していた時、たまたまそのことに話が及んだ。
結構自信があるのだと言う。旨いと言われている店のベーグルを片っ端から食べて研究し、
試作を繰り返して何度も失敗しながら、精進潔斎、滝に数度打たれた末、ついに完成したのだと言う。
あらま大層なと思ったけれど、オーナーはあまり大言壮語するタイプでもなかったので、
まあ話半分と、ひとつ買って帰ることにした。
ぜひ感想を聞かしくださいなどと殊勝なことを言う。よかろうと鷹揚に頷いて、帰る早々食べてみた。
よろしかった。実によろしかったのだ、これが。
持つとずしりと重い。表面は柔らかい。口に入れた。ふわりとした食感がかえってくる。
だが途中で、むちっとした歯ごたえが現れる。意外・・・。そう思っているうちにすぱっと噛み切れて、
ころりと口のなかに転がった。ほのかに甘く、鼻へ抜けるかおりが香ばしかった。
ここのパンには時々認識を改めさせられるが、この時もそうだった。
次に店に行ったときにオーナー相手に大いに語ったような記憶があるけれど、
どんなことを喋ったのかはもう覚えていない。
だが今でもフルールに行くたびに、ベーグルをひとつは買って帰る。
そのことが何よりもの評価だと、少なくとも思ってくれているに違いない。

●写真は、ベーグル(マカダミアナッツ) 189円(税込)
●プレーンなベーグルも贔屓のひとつ 147円(税込)



ブーランジュリー
フルール
ベーグル&ベーグル(マカダミアナッツ)
営業時間7:00〜18:00
定休日月曜日・第三火曜日
住所京都府相楽郡精華町桜が丘3-14-5 (駐車場あります) (地図
電話番号0774-73-2929
ホームページhttp://www.fleur2004.com/
このページのトップへ

メニュー

サイト開設以来の総訪問人数

 人

総アクセス数

アクセス